nanto-e.com archive

かたつむりガールズ

.........@ノ”< ♪ デーンデーンムーシムーシ カータツームーリー ♪♪

ドジョウの知恵

2009年12月01日
どじょうすくいで取ってきた ドジョウ 
2つの水槽に分けて飼っています。

なんかね 様子が違うのよ。

一方は金魚の水槽で、黒っぽい玉砂利
もう一方は 趣味の悪い水色の砂利
(メダカの飼育セットに入ってたの・・へんな色ー ×)

そしたらね、
黒い砂利のは 黒い体、水色砂利のは 白っぽい体 

になってるよ。

これって保護色だね〜。
ドジョウも体の色を変えるとは知らなかった。

じっとしてると見つけにくいもんねー。
狭い隙間にももぐっちゃうし、小さな水槽なのに見つけられなかったりするのよ。

動きも速いし、ぼーっとした顔のわりに賢い生き物だわ。

いただきます

2009年12月04日

がお〜 食べちゃうぞー



いえいえ 食べられるのはそちらですよ。


蟹を見ると、 かわいい♪ と、思ってしまう私。
サワガニの体もこんな風なんだろうな〜 と、じっくり見ながら解体する私。

尊い命に感謝していただきます。   
 合掌

招き猫

2009年12月05日


バチ当たりそう 
 なんて言う人もいるけど、そんな事ないよぅ。
 サンタさん招いてくれるんだもんね。

サンタさん うちにも来てください。
イイコでまっています。

お詫び

2009年12月09日
ご無沙汰しております。 4日ぶりの更新です。

実は、子供二人と共に 病の床に臥せっておりました。
そう! 新型インフルエンザ に感染してしまいました。

熱が出たのなんて何年ぶり?
内科にかかったのなんて十数年ぶりの私 
ほんの1〜2℃の体温上昇がこんなに苦しいものだったなんて イヤと言うほど思い知らされました。

初めに発熱したのは、娘だったのですが それが“保育園のおたのしみ会”の前日
いつも行事の前になると緊張からか(?)体調を崩すわが娘、今回も・・と、思っていたら案の定 一眠りしたらスッキリ熱が下がったんですよ。
それで、翌日 登園させてしまったのが失敗でした××
本人は途中でまた発熱。
早退し 検査してもらうとインフルエンザでした!
しかし、時すでに遅し・・。
周りのお友達にうつしてしまったようで、再び 娘のクラスは閉鎖中です。

関係者の皆様には大変ご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございませんでした。
この場を借りてお詫び申し上げます。

感染された方々の病状が軽く済むことを祈っております。

 




冬のスズメ

2009年12月11日

冬のスズメは羽をまるまると膨らませて かわいいね。

スズメってとても身近な小鳥で よく見かけるけど、「絵を描いてみて」 って言われるとなかなか描けない鳥だと思わない?
だって すごい複雑な模様よ。
警戒心強いから 近くで見せてくれないし・・。

今回初めて写真に撮って見て思ったよ。
もっとよく観察してみよう。

雀の描かれ方

2009年12月14日
先日の「冬のスズメ」に寄せられた ほそみちさんのコメントに惹かれたので少し紹介します。
  
竹内栖鳳たけうちせいほう の 双雀そうじゃく



明治から昭和期の日本画家
猫が背中の毛づくろいをしている絵は きっとどこかで見た事があるのではないでしょうか?
スズメ一羽で家が一軒建ったそうですので、これで二軒建てたのでしょう。

そして、富山のくすり 廣貫堂のシンボルマーク

  日々の健康のため、なくてはならない家庭用配置薬が、日本全国に羽ばたく雀のようにすみずみまでおし広げられるようにとの願いが込められています。
とても身近で、親しみの持てるスズメ いろいろに描かれていますね。

アカさん2度目の脱皮

2009年12月16日
サワガニのアカさんが我が家での2度目の脱皮 をしました。
 
 右のオレンジ色のが抜け殻
 新しい体はまだやわらかく、ぼんやりくすんだ褐色


そういえば、先日からハサミで砂利を運んだり工事をしているようでした。
脱皮の為に体を隠す場所を作っていたのですね。

前回の脱皮は3ヶ月前の9月6日。 
この時は、脚の再生に成功しました。

新しい脚は他と比べると少し短かったのですが、今回の脱皮でさらに大きくなっているでしょうか。
体が硬くなったら確認してみたいと思います。

初雪

2009年12月17日
今朝、起きると窓の外が白くなっていました。
雪です。

ほんの数センチですが、べちゃべちゃの北陸らしい雪が積もっていました。
子供たちは、
わぁ♪ やっぱりサンタさん来てくれたんだ〜

と、大喜び。
なぜか 雪=サンタクロース のイメージの様です。

外へ出ると ジャクジャクと長靴スタンプが楽しくてまっすぐ歩けません。
白くなった公園の地面に
あ!イヌちゃんのあしあとー
(自転車の)タイヤのあしあとー

と、いろいろなものを見つけては喜んでいました。

タイヤ交換やっといてよかった〜

などと、思ってしまう大人な自分がちょっと寂しくなりました。

雪の噴水

2009年12月20日
木曜から降り始めた雪がずっと続いています。

子供たちは早く雪遊びがしたくてウズウズ・・。
残念な事に悪天続きでなかなか外に出られません。
青いお空にならんかな〜

と、窓の外を見ていた子供たち。
あ〜 雪 ふんすいみたいになっとるー!
いいな〜 じいちゃんひとりで雪遊びしとる


それは、雪遊びではなく 除雪 です・・。

おかげで素敵なかまくらソリ山が出来ましたよ。

ほんのちょっとの晴れ間にシーズン初の雪遊びです。 

クリスマスパーティー2009

2009年12月21日
昨日は、家族みんなが揃って夕食を食べる 日曜日。
と、いう事で クリスマスパーティーをしました。
パーティーと言っても、スパークリングワインを開けてチキンを食べて デザートはイチゴのケーキ という程度。

プレゼントは、おりこうさんにしていたら24日の夜にもらえるかも・・?

今年も子供たちと一緒にケーキを作りましたよ。
イチゴを切りながら娘のひとこと
なんでイチゴあるが? 夏じゃないがに・・今 冬なんに

毎年 畑でイチゴを採っている娘はちゃんとイチゴの季節を知っていたのです。
特別教えてないけど、自然に覚えていたのですね。
わが子ながら感心していまいました。
これも、イチゴを育ててくれるじぃちゃんのおかげです。  
ありがとう じぃちゃん


そういえば昨日は食べるのに忙しくて写真を撮るのを忘れました。
代わりに、娘が去年作ったサンタ帽子と一昨年作ったツリー帽子です。
今年のは、明日の保育園のクリスマス会でかぶる予定です。

最後のサワガニ

2009年12月23日
最後のサワガニのアカさんが死んでしまいました。
昨日の夜には歩き回っていたのですが・・。
1週間前に脱皮をしたばかり。
体が硬くなりきれないまま動かなくなっていました。

右の一番下の脚がなかったアカさん。
脱皮を繰り返し 少しずつ成長する様子を見せてくれました。
ここで、外殻の比較をしてみましょう。
 一番上が9月6日までかぶっていた殻
右下の脚がありません。
乾燥して少し色あせていますが、オレンジ色の体でした。

 中のが12月16日までの殻
左側に比べるとやや細くて短いですが、右下の脚がちゃんとあります。
体全体の赤味が増して アカさんと名づけられました。

 下が今朝見つけた亡骸
右の脚も少し太くなっています。
まだ黒っぽい褐色で触るとフニャフニャしています。

三つを並べてみるとだんだん大きくなっているのがわかりますね。

我が家へ来てからちょうど7ヶ月。
サワガニは私たちにいろいろな事を教えてくれました。
誰かのおかずになれずに水槽内で暮らした事が果たして彼らにとって幸せだったのかはわかりません。
でも、私は幸せでした。

ありがとう サワガニさん。 ありがとう。

りんごのヘタ

2009年12月24日
突然だけど、リンゴのヘタって何色か知ってる?

私はね、茶色 ってイメージだったの。 

でも、違ってた
ホラ


皮と同じ色してる。
今までたくさんリンゴ食べてたのに気づかなかったなぁ。


 リンゴの花火

しゃべりたい

2009年12月28日
みなさまお元気ですか。
良いお年を・・ なんて挨拶の交わされる時期ですね。

ところで、今月5日にインフルエンザにかかった私。
がひどくてずっと続いています。
湿った重い咳から乾いた軽い咳へと日に日に良くはなってきているのですが、3日ほど前から急に声が出なくなりました
首を絞められたカラスのような声 とでも言うのでしょうか?
そんな声は聞いた事はありませんが、ハスキーボイスを通り越した ひどいしわがれ声を絞り出しております。

しかもボリュームが出ないので常に ささやきモード

静かで良い なんて言う人もおりますが、 失礼な!  言いたい事が伝わらないのは歯がゆいです。
そしてまた、しゃべれないとテンションも上がらないのよね。
なんとなく つまんない気分なのです。

こういうのってどうしたら良いのでしょうね?
そのうち治ると思うのですが・・。

朝もや

2009年12月29日

今朝の朝もや

霧雨と雪解けの水蒸気と融雪装置からの湯気が朝の太陽に照らされてとても幻想的。

運転していたら 早く消えないかな〜 なんて思うのでしょうけどね。

同じ物でも立場が違うと見え方も違いますね。

橙とみかん

2009年12月30日
今日は30日。 お鏡 を飾りました。

29日は、 “9→苦” で縁起が悪いので、この日に飾るのは避ける方が良いらしいですね。
また、大晦日31日に飾るのは「一夜飾り」と言って、神様に対して失礼な事だそうです。

迷信とか縁起物とか あまり興味が無い方なのですが、そうと知ってしまったからには わざわざ縁起の悪い日にしなくても・・という事で 毎年30日に出しています。

お鏡の飾りも地域によって 裏白・ユズリハ・昆布・スルメやエビ・干し柿などと いろいろあるようですが、一番上に来るのはたいてい  ではないでしょうか。

コレ、“橙→代々” で「代々栄える」という縁起物なのですね。

みかん
 で代用した年もありましたが・・ もしかして だから栄えていないのか?
 
   < コレカラ コレカラ 
 (  )
(____)

一年を振り返って

2009年12月31日
いよいよ大晦日です。
みなさまにとってこの一年はどんな年でしたか?
私はたくさんの生き物とのふれあいがありました。

少し かたつむりガールズを振り返ってみましょう。

まずは、カタツムリ
今年は飼育3年目でした。
初代の3匹が2年目の産卵をし、ますます盛んです。
新たにウスカワマイマイも仲間入りし、繁殖しています。
今は皆で冬眠中です。

そして、サワガニ
見るのも初めてだった私には驚きと発見の連続でした。
残念なことに繁殖させるには至らず、今月 最後の1匹も天に旅立ってしまいましたがたくさんの感動と思い出を残していってくれました。
今頃は天の川で遊んでいることでしょう。

それから、カブトムシ
これも初めての飼育でした。
蛹になる前の大きな幼虫が2匹。
うまく羽化させられるか不安でしたが、出てきたのは立派な角の格好いいオス!  感動でした。
お嫁入りしたメスとも仲良く、産卵・孵化に成功。
幼虫は腐葉土の中で今日もスクスク育っています。
来年は、蛹になる様子や羽化の瞬間も観察したいと思っています。

ついでに、根切り虫
これは、キリウジと呼ばれ嫌われている虫。
成虫はどんな姿かが見たくて観察していました。
出てきたのはクロコガネ。
キリウジはコガネムシの幼虫であるとわかりました。
来年は、違う種類の“キリウジ→コガネムシ”を観察してみたいです。

そして、 類。
モンシロチョウは見つけた19匹中5匹しか羽化出来ませんでした。
その成功率の低さに、自然界の過酷さを思い知らされました。
ナミアゲハは木にいる様子を観察していました。
見つけたのが秋口だったので、羽化には至らず蛹のまま冬眠しています。
春に美しい姿で飛び立つ事を祈っています。

秋には、スズムシ
羽化の様子が観察出来たのは幸運でした。
美しい音色で楽しませてくれ、卵も残してくれました。
来春、無事に孵化できるでしょうか?

水槽の中にも新しい仲間が増えました。
ドジョウです。
おもしろいのですが、隠れてばかりでよくわからないのが実状です。
タニシも繁殖しました。
赤ちゃんの姿に喜んでいたのですが、動きが小さく気づいたら殻が空っぽ・・なんて事も。
今も砂利に混じっていると思うのですが、正確な事はわかりません。

ちょっとのつもりが随分長い文章になってしまいました。

こんな気まぐれ観察日記に付き合ってくださった皆様 今年一年ありがとうございました。
全ての生き物が良い新年を迎えられますように。

.........@ノ”< ヨイ オトシヲ・・
作者 : パンダ子

空き箱から生まれました。 笹の葉よりも使用済み記念切手が大好き。 エコらいふ万歳!

2013 年
2
8
10
11
12
2012 年
2011 年
2010 年
2009 年
2008 年
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10

なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。