nanto-e.com archive

かたつむりガールズ

.........@ノ”< ♪ デーンデーンムーシムーシ カータツームーリー ♪♪

梅雨のひとコマ

2010年07月04日
雨の日曜日 カタツムリの誕生です。
約1mmの小さな小さな赤ちゃん
みずみずしく透き通った殻と体
また仲間が増えました。

ヒメカメノコテントウ

2010年07月05日

ナミテントウやナナホシより小さく、ちょっと楕円形のゴマサイズ。
オレンジ部分が淡いけど、黒とのコントラストがはっきりしていますね。
亀甲紋が古代文様みたい。

オヤ こちらは・・
交尾?

ってことは、この黒帯タイプもヒメカメノコなのか。

私は初めて見たよ。

カブトムシの羽化

2010年07月07日
七夕の今日 蛹になって15日目のアノ カブトムシが羽化しました!
★★★

羽化したてのまだ白い前翅
ツノにはまだ蛹の殻が残っています。

この後、テントウムシの時と同じように後翅を伸ばして乾かします。
白い前翅もだんだん色が付き硬くなっていきます。

でも、体がすっかり出来上がって地上に出てくるのはもう少し先。
約2週間後だそうです。

セミも鳴き始めました。
夏が始まります。

何の幼虫?

2010年07月08日
ニンジンの葉にキアゲハの幼虫を探していたら、発見!
じゃ〜ん!!

体長約4cm 立派だなぁ。
何の幼虫だろう?
白と黄色のサイドラインに、気門には黒い点々模様。
体つきはモンシロチョウに似てるけど、こんなに大きくならないよねぇ。

ニンジンの葉を食べているので、キアゲハと一緒に飼ってみることにしました。
果たしてどん風に成長するか ワクワクなのです。


ちなみにキアゲハはコレ→
まだ小さいよ。
体長約5mm

セマダラコガネ

2010年07月12日
コガネムシをよく見かけるようになりました。
大きいのや小さいの 黒いのや模様のあるの。

これは、小指の爪くらいの セマダラコガネ

アンテナをパカッと広げて情報キャッチしているのがかわいいね。

君の子供も根切り虫かい?

キアゲハの防衛策

2010年07月13日
体長5mm程だったキアゲハの幼虫も脱皮を繰り返し、
体長40mm程になっています。

脱皮直後の5齢幼虫
下には4齢の時の皮が写っています。

小さい時は黒地に白帯で鳥のフンに似せていますが、5齢になると派手な容姿。
マズイぞ!毒があるぞ!」と、脅しているようです。

そしてもうひとつの防衛策は、臭いツノ

体に触るとオレンジ色のツノをニュっと出して驚かせます。
臭いと言っても柑橘系の芳香剤のようなにおいです。
まぁ いい香りではないですけどね。

この時期は見ていて楽しいくらいの良い食べっぷり!
コロコロ太って、蛹になる栄養を貯めているようです。

誕生日のお祝い

2010年07月19日
昨日、我が家のおてんば姫は7歳になりました。
先日から楽しみにしていた ↓コレを開けましたよ。

なんだかヘンでしょ?
これ くるくるウインナー なの。
こんな形になってたら欲しくなるわねぇ。

黒部のお土産品みたいだけど城端に売っていました。

見た目のインパクトだけでなく、ちゃんとおいしかったよ。

アサガオ

2010年07月23日
1年生の娘が授業で育てているアサガオが、今朝ようやく花を咲かせました。

大好きな ピンク色の花 よかったねぇ。

お友達の鉢では次々と花が咲いているのに、なんで私のは咲かないの〜?
と、ちょっぴりさみしそうだったおてんば姫。
喜びもひとしおです。

つぼみがたくさん付いています。
これから毎日楽しませてくれそうです。

さぁ、明日から夏休み。
観察日記をつけましょうね。

カブトムシの夏

2010年07月25日
夏の王様 カブトムシも、成長の遅かった1匹を除いて皆が地上に出てきています。

さて、気になる性別判定ですが なんと6匹中5匹が合っていました!
私もなかなかやるもんだなぁ・・ なんてちょっぴり天狗なパンダ子です。

オス3匹、メス3匹なのでそれぞれペアにして飼育ケースに入れていますが 昨日は交尾を目撃!
腹をギ〜コギ〜コ鳴らし、がっしりとメスにしがみつくオス。
オスを背中に乗せたまま狭いケース内を動き回るメス。
かなり衝撃的です。

そして隣のケースには白い が!
もう!?  つい先日羽化したと思っていたのに・・。
短い夏の間で終わる命を次の世代へ繋げようと一生懸命なのですね。

威風堂々に見える王様も実は必死なのです。

キアゲハの蛹化

2010年07月26日
畑のニンジン葉に見つけた5匹のキアゲハの幼虫もみんな蛹になっています。

鮮やかだった黄緑色が白っぽく色あせてシワシワしてきました。
うぅ〜ん と、頭の方へ伸び上がるようにして皮を破き・・
うんしょ うんしょ 
体をくねらせて皮を下へ送ります。
翅や触覚が浮いたようになって見えているのがわかりますか?

蛹化直後はしっとりと柔らかい蛹。
くねくねとよく動きます。

皮を脱ぎ始めてから終わるまで約3分
あっという間の出来事です。

翌日
体が乾き硬くなっています。

キアゲハとナミアゲハの成虫は、よく似ています。
幼虫の頃は全く違ったデザインなんですけどね。
その間の蛹は・・と、言うと ごらんの通りやっぱりよく似ていますね。
キアゲハの方が若干ぷっくりと大きく黄色味が強いかな? という程度です。
多分、単体で見つけたら私は見分けられないでしょう。



キアゲハの翅模様

2010年07月28日
蛹になって約10日のキアゲハが羽化しました。
久しぶりに間近で見るアゲハ  やっぱり黄色い

(夏の朝日で特に黄色く写りました)

ナミアゲハとのはっきりとした見分け方を知らなかったのですが、調べてみるとキアゲハは表から見ると前翅の根元に黒い三角紋があるそうで・・
ホントだ!


ナミアゲハと比べてみましょう。
光線の具合が違うので色の比較はしにくけど、淡い黄色。
黒いラインがより複雑なように感じます。

根元の三角紋はなくて筋模様が入っているね。

でも、飛んでいる時にはわかりにくいなぁ・・。
どっちでもいいんだけどね。
その存在自体がうれしいのです。

長い豆

2010年07月29日
見て 見て こーんなに なが〜い 

インゲン豆にそっくりだけど、長さが70cmくらいあるよ。

切ってしまうとただの豆になっちゃうので、あえてそのまま天ぷらにしてみました。
食べにくかったけどおもしろかった。
中の豆がね小豆色。

調べてみたらどうもジュウロクササゲっていうみたい。

育ててみたら楽しそうだね〜。
作者 : パンダ子

空き箱から生まれました。 笹の葉よりも使用済み記念切手が大好き。 エコらいふ万歳!

2013 年
2
8
10
11
12
2012 年
2011 年
2010 年
2009 年
2008 年
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10

なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。